吹♪キャン

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとPCネタを

<<   作成日時 : 2010/03/19 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

我が家も、よくあることなんですがハードディスク(HDD)のトラブルを耳にします。
もともとHDDはフロピーディスク(FDD)の大容量にしたものなので消耗品として考えた方がよいのかもしれません。

最近のHDDは膨大な容量を持っているものが多く、当然保存されるデータも多くなってきます。
昔はHDDの容量が少なかった為に、容量不足のときは「不要なデータを削除してください」なんていってましたが、現在では画像やメールアドレス、Favorites等等、消すに消せないデータで一杯です。

これらのデータをバックアップするなんて、面倒くさいし、どんな媒体にバックアップするの?って思います。


そこでHDDのトラブル状況にもよりますが、HDDのモータが動くのであればデータは救えます。
では、核心のHDDトラブルの対処方ですが
OSがWindowsであることを前提にお話します。(MACの方すいません)
又、ノート型PCの場合、HDDを取り外す作業が面倒ですが(メーカー保証外になりますが)
大事なデータのためです。
まず、HDDのトラブルのタイミングですが

@Windowsのロゴが表示された後、もしくは、データ操作中にトラブル場合
  この場合は、Windowsを「Safeモード」で起動する
  Safeモードの起動方法は、メーカによってタイミング違いますが、BIOS画面表示後にF8を押し
  起動メニュの中から選択してください。
  Safeモードが起動したら、「マイコンピュータ」を開いて、HDDドライブのプロパティから、「ツール」→「エラーチェッ  ク」の「チェックする」をクリックし、「チェックディスクのオプション」を両方ともチェックします。
  その後、再起動するとエラーチェックが始まります。
  ほとんどの場合、これで復活します。

A電源を入れるとエラーになる
  最近のPCはS-ATA接続が主流なので、HDDを取り外し別のPCにセカンダリとして接続します。
  このPCで必要なデータをバックアップしておく。
  そのPCで@と同様にエラーチェックしHDDを元に戻す。
これで、大事なデータを消すこともなく、又、再インストールすることもありません。

我が家では、1台のPCに同型のHDDを2台接続してあります。
両方にWindowsをインストールしてあるのでAが簡単にできます。
(ライセンスの問題があるかもしれませんが)
この様に2台のHDDにWindowsをインストールはできるんです。
なぜなら、Windowsのライセンスのアクティベーションは、CPU、メモリ、マザー、HDDの情報で判断しているため
同型のHDDであれば可能なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家のPCがそれでした(笑)
もう初期化してしまったので
悔しい思いをしましたが早速ばっくあっぷを
買ってきました〜(^^ゞ
特に写真関連が痛いですよね・・・。
ウィンドウズにこういう方法もあるんですね!
nuts
2010/03/22 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとPCネタを 吹♪キャン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる